女性の悩みである下半身太り気になりますよね。

今回ダイエットを試みている女性の方、たくさんいらっしゃると思います。

その中でも、特に注目されている下半身太りを解消する為に、歩き方についてご紹介してみたいと思います。

食事制限やマッサージや筋トレでジム通い等、様々な下半身痩せの方法は世の中たくさんあります。

しかし、根本的な日常行動にはあまり目がいかずに見落としがちとなってしまう歩き方。

この部分を見直してみるだけでも下半身にとても効果がある訳なんです。

下半身が太りやすい理由と、間違った歩き方や正しい歩き方についてまとめてご紹介してみたいと思います。

下半身太りの原因は!?

上半身よりも下半身が痩せにくいのは皆さまご存知かと思います。

食事制限をすればある程度は体重や体脂肪が落ちる訳ですが、下半身の嫌なむくみや憎きセルライトはいかがですか?

なかなか簡単に改善しませんよね。

その原因となるのが女性ならではの脂肪を溜め込んだり出したりする機能が備わっているんです。

痩せたい女性からすれば迷惑な話しなのですが、これも女性であれば仕方のない生命機能なのでご理解ください。

そして、その機能は上半身に比べると何と下半身に集中されていて上半身の約5.6倍だと言われています。

水分や老廃物や脂肪が溜まってしまいリンパの流れが悪くなると、むくみやセルライトの原因となってしまいまうんです。

セルライトなんて見た目も悪くて、なかなか簡単に落とすことが出来ませんよね。

そういう流れで下半身太りの原因や、なかなか落としにくい問題が発生してしまいます。

下半身を痩せさせる為には下半身の筋肉を使う事!

次に、ほとんどの水分や老廃物や脂肪を溜めやすくなっている下半身ですが、諦めてはいけません。

脂肪を燃焼する為の筋肉は実は下半身にはたくさん集まっているんです。

なので、むくみやセルライトは確かに下半身太りの原因となっていますが下半身に集中している筋肉をどれだけ使う事できるかと言う点が下半身痩せになるキーワードとなります。

なら、やはりジム等へ行ってプロのトレーナーさんに指示をして鍛える方が良いのか?

それも充分効果的なんですが、今回ご紹介するのは日常の見直しで行える歩き方をご紹介いたします。

便利な日常の中、車や電車、エレベーター等を使用している方がほとんどです。

下半身は動かさなけえれば痩せる事愚か筋肉も衰えてしまいます。

なので、お金を払って行くジムよりも先に見直すのは普段の習慣や正しい歩き方からマスターしましょう。

間違った歩き方、正しい歩き方

〇間違った歩き方
(姿勢)
まずは猫背だったり内股だったりしていませんか?
そもそも姿勢が悪いと間違った歩き方になってしまいますので、姿勢を正しましょう。
姿勢は骨盤も悪くなってしまいますので脚の歪みや太ももが太くなる原因のひとつです。
(歩き方)
足の指はきちんと地面についていますか?
親指等を浮かせたまま歩く癖が付いてしまうとお尻や太ももの筋肉のバランスが悪くなり洋ナシ体型の様な極端に下半身に脂肪がついてしまう可能性があります。
また、足を上げずにすり足になっていたり、膝を曲げて歩く癖やつま先だけでかかとを付けずに歩くなど悪い癖があるかを今一度確認してみましょう。

〇正しい歩き方
(姿勢)
正しい歩き方の基本となるのが姿勢です。
姿勢が悪いと骨盤がいがんだり歩き方に大きく出てしまうので注意しましょう。
まず、肩甲骨を意識する事です。
肩甲骨を身体の中心に持ってくるように胸を張り背筋を伸ばす事を意識しましょう。
次に呼吸を腹式呼吸(おへそに力を入れる)を心がけると理想的です。

(歩き方)
まず、かかとで地面を押し込んで膝を曲げずにしましょう。
着地はかかとから順番に地面につける様に意識付けしてみてください。
そして、大きい歩幅で歩くようにして見る事が良いのですが、効率よく腕をその時に使うようにしましょう。
腕を使う事で足の歩幅が広がるだけでなく、肩甲骨まで腕を持っていく事で姿勢も良くなります。

まとめ

下半身太りにはウォーキングがおすすめです。

間違った歩き方を訂正して、明日から始めてみてはいかがでしょうか。

正しい歩き方を習慣化する事で、身体の姿勢が良くなり下半身痩せにも効果的です。