皆さんお風呂に入ったときは何をしていますか?シャワーだけの人、ゆっくり湯船につかってる人いろいろだと思います。

実はお風呂はダイエットしたいと考えている人にとってシェイプアップにぴったりの空間です。

お風呂で体を温めることで代謝がよくなり、なおかつ水圧で血流促進になります。特に下半身はお風呂でエクササイズすると効果が出やすいゾーンです。

つかっているだけではもったいない空間なので、今回は湯船で浸かっているときにできる下半身太りに効く簡単な方法を3つ紹介します。

湯船で浸かっているときになんの道具もなくできる方法で、人によっては1週間続けるだけで違いが出てくる方法なので、ぜひやってみてください。

まずよく揉んで脚の脂肪を柔らかく

パーツだけのダイエットをするとき、その部分の筋トレや有酸素運動だけをする人が多いのではないでしょうか。それは本当にもったいないです!

筋肉の可動域があまりない状態で運動をしても、動いた範囲が狭すぎて効果が薄れてしまいます。まずは今ついている脂肪を柔らかくしましょう。

方法は簡単です。

  1. 握りこぶしを作って、足先から脚の付け根までスライドさせる。
  2. 脚をぞうきん絞りのように両手でねじる
  3. 特に固いところは、手全体でつまんで柔らかくする

全部の方法で脚全体を痛気持ちいい程度にやってみてください。脚全体で10分程度かけてあげると効果が出やすいですが、湯あたりしないよう体調を考慮しながら行ってください。

普段の生活の中で空いた時間にやるのもいいですが、お風呂で体をあたためながら行うとより効果的にほぐれますよ。

次はお風呂で柔軟体操してしなやかな脚に

脚全体の脂肪と筋肉がほぐれたら、次はもっと奥の関節付近を柔らかくしましょう。

この柔軟体操でもまだ目立った運動をしてないですが、お風呂の中に居るだけで代謝はよくなっているので心配しないで続けましょう。

やり方は簡単です。

  1. 足の指一つずつを手で持ってゆっくりと回す。
  2. 足首を手でもってゆっくりと回す。
  3. お風呂の中で正座して、少し後ろに倒せる人は倒してみる。
  4. 脚を片方ずつ両手で抱えてもってゆっくり胸に近づける。

どれも必要以上に伸ばす必要はありません。痛気持ちいい程度にまずは10回やってみてください。

脚の柔軟体操は、普段足が疲れた時に少しアキレス腱を伸ばしたりはしているかもしれませんが、伸ばしきれていない部分が多々あり、そこがこってしまって、むくみにつながってしまいます。

最初の足指回しは足の甲と足裏によく効き、足ツボマッサージのように体全体に血液がよりめぐるようになります。足首まわしは、脚痩せの醍醐味であるすらっと伸びるアキレス腱を育てます。

お風呂の中の正座は、脚の前面によく効き、脚を抱える動作は下半身痩せの鬼門となるお尻に良く効きます。

全部を毎日できるととても効果的ですが、湯あたりしないよう体調を考慮しながらやってみてください。

最後はお風呂の中でバタ足して有酸素運動!

ほぐしたり、柔軟体操するだけじゃ痩せるわけない!と思った方も多いのではないでしょうか。最後はちょっときつめに有酸素運動をします。

バタ足と聞いて、お風呂が狭いから無理!と思った方、狭いお風呂でもできる方法です。

これも3パターンありますが、やり方は簡単です。ですが、どれも姿勢をよくしておくと下腹にも効いて効果的なので、まず座り方。

浴槽を手で持って、上半身が天井から吊るされているイメージでまっすぐ座ってください。脚は浴槽の大きさに合わせて伸びてても曲げてても大丈夫です。

大切なのは、上半身がまっすぐで骨盤が立っている事です。ではバタ足有酸素運動をしましょう。

  1. まずは足首だけ。かかとを少し浮かして水中で足先を伸ばすのと天井に向けるくらい曲げるのを繰り返す。
  2. 次にひざ下。ひざ上が動かないように意識しながらひざ下をオールのように上下させる。
  3. 最後にふともも。脚の付け根から下を上半身が動かないように意識しながら上下左右動かす。

どれもまずは左右10回ずつを目安にやってみましょう。バタ足と書いていますが、水がバシャバシャする動かし方ではなくて、なるべく水中で水の抵抗を感じながらゆっくり動かすと効果が高いです。

浴槽が狭くても脚を曲げた状態で行ってみましょう。もっと負荷がかけたいと思ったら、上半身をまっすぐにするために持っている浴槽の手を離してみてください。

バタ足をして波が立っているので上半身を動かないように意識しながら座るだけで下腹や太ももにとても効きますよ。

まとめ

いかがでしたか?お風呂は夜寝る前に日中の汚れや疲れをとる場所と思って入っていた人も、明日の脚の美しさを目指してやってみるといいと思います。

最初から全部やろうとすると思った以上に汗をかいて湯あたりしてしまう原因になるので、飲み水を用意したりその日の体調に合わせてやるメニューを変えてみると良いでしょう。

コツコツ続けてみんなにうらやましがられる美脚を手に入れましょう!