女性にとって一大イベントである出産。
愛する我が子をようやく腕に抱きしめらえれた時の喜びはひとしおですよね。

しかし、産後に待っているのは楽しい育児、だけではありません。

産後に下半身太りしてしまった…!という悲しい現実を迎えてしまった女性も多いと思います。

けれど、今までしていたダイエットを頑張ってみても中々結果が出せずに苦しい思いをしていませんか?

そんな現実を迎えてしまった女性のために、産後の下半身太りに大事なポイントを紹介します。

産後に下半身が太る理由

産後に下腹部にどん、としたお腹になってしまったり、出産前よりも下半身が太くなってしまう、その理由はそもそも何故なのでしょうか。

それは、妊娠に対応して開いた骨盤が、出産後もそのまま開いたままの為に起こると言われています。

骨盤が歪んでしまうと、内臓が下にずれてしまうのでその結果下っ腹が出やすくなります。

そして、その骨盤が開いたことによって、太ももの位置がずれ、下半身がずっしり太目になったように見えてしまうのです。

そして、妊娠中はお腹よりも下の下半身に余分な脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

筋肉の量が通常よりも落ちてしまうので、新陳代謝が悪くなり、むくみやすくなってしまう、というのも下半身太りの原因の一つでもあります。

骨盤をしめる

産後の下半身太り対策として、一番は骨盤を正しい位置に戻すことが大切になります。

骨盤が歪んだままだと、どんなダイエットをしても正しい効果は期待できません。

骨盤をしめるのには、骨盤矯正の為に整体に通うのが的確ですが、日常的には通えませんよね。なので、普段の生活には骨盤ベルトを当てて過ごすのがベストです。

簡単な骨盤体操の方法を以下にまとめました。

①床に仰向けの状態で寝る。この時、手は腰の近くに下す。

②足を膝同士合わせた状態で、90度になるよう、膝を曲げる。

③膝を倒すように、左右に足を動かす。これを1日3分。

テレビを見ているリラックスタイムなどに取り入れるのがオススメですよ。

新陳代謝を高める

骨盤のゆがみが解消されると、新陳代謝がアップします。

そこに加えて新陳代謝を高める運動などを日常生活に取り入れると、更に脂肪に効きますよ。

すぐできるのは、朝起きてから白湯を飲むこと。これで、冷えた内臓が中から温められます。

また、冷たい飲み物は避けてなるべく常温から温かいものを摂るようにしましょう。

産後にオススメな新陳代謝を上げる運動はスクワットです。

①足を肩幅に開いて、まっすぐに立つ。

②腕を床に対して平行に前に伸ばし、お尻を後ろに引くようにしながら、腰と膝を曲げつつゆっくりと腰を落とす。
この時、太ももが床に平行である状態でキープして2秒。

③ゆっくりと元の姿勢に。

スクワットは太ももだけではなく、お尻や腰回りの筋肉にも効くので引き締めの効果も期待できます。

産後の体はデリケートなので、無理の無い範囲で少しずつ、回数を増やしながら続けましょう。

むくみを解消する

足のむくみを解消するのに効果的なのは、ゆっくりお風呂などで体を温めることです。

そして、その時に足をマッサージしてほぐしてあげれば更に効果的ですよ。

そして、むくみにくい食事に気を付けることも大事になってきます。

あまり塩分を摂らないよう、カップ麺などのインスタント食品は毎日食べないようにしましょう。スナック菓子も同様です。

ついついむくみやすい食べ物ばかり食べてしまう、という人はカリウムを含んだある食材をしっかり摂れば大丈夫。

カリウムには塩分を体の外に出してくれる働きがあります。

日常的に食べられるものとして、バナナやじゃがいも、ほうれん草、納豆がオススメですよ。

まとめ

以上、産後の下半身太りに大事なポイントをまとめてみました。

一度に全てする、ではストレスがかかって長続きしません。

なので、少しずつ、生活に取り入れていくようにしましょう。