下半身太りに悩んでいる方もいると思います。なぜ、下半身が太っていくのでしょう。

何が原因となっているのでしょうか?

下半身太りの犯人は塩分かも知れませんが、塩分との関係は?

塩分を取り過ぎないようにするにはどうしたらいいの?

下半身太りと塩分の関係は?

塩分の摂り過ぎは、健康に悪影響を及ぼすことは、知っていると思います。

健康だけではなく、実は下半身太りの原因ともなっています。

食事の中で、カロリーや食事の量を気にすることはあっても、「塩分」を意識することはあまりありまん。

塩分はいろいろな調味料にも入っています。

自分が摂っていないと思っていても自然に摂取してしまっています。

なぜ、塩分を摂り過ぎると下半身太りになるのでしょう?

人は60~70%が水分です。その内の約0.85%が塩分です。

体内の塩分の量が増えると、濃くなった血中の濃度を薄めるために、身体が水分を溜め込みます。

これが「むくみ」の原因となる現象です。

塩分には水分を溜め込む性質があるので、塩分を摂取しすぎてしまうと水分も増えるのです。

特に下半身は、水分や老廃物が溜まりやすいので、下半身太りの原因となるのです。

しかも、水分と老廃物が脂肪細胞と結びついてしまうと、セルライトになります。

ますます、痩せにくい下半身へとなっていってしまいます。

下半身太りに大きな要因として、塩分は存在していましたね。何を食べても、塩分は摂取してします。

その塩分を摂り過ぎないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

塩分を摂り過ぎないためには?

一日に必要な塩分量は、厚生労働省の「日本人の食事摂取」によると女性は7.5g未満。ちなみに男性は9.0g未満です。

あまりピンと来ないかも知れませんね。

例として、加工食品には成分表が書いてあります。でもその成分表には塩分とは書いてありません。

塩分がどれぐらい入っているのか概算できるのが、「ナトリウム」です。

ナトリウムを塩分にすると、ナトリウム1gで塩分2.54gになります。

いつもカロリーだけを気にしていたと思いますが、塩分もチェックしていきましょう。

調味料に含まれる塩分は、必要以上に味を濃くしたりしなければ影響は少ないです。又、減塩の調味料に変えることもよいでしょう。

突然減塩に変えてしまうと、味気ないかも知れません。

味が薄いからといって増やしたら減塩の効果はなくなってしまうので、注意しましょう。

塩分を摂り過ぎてしまったら?

もし、塩分を摂り過ぎてしまったときにはお助け食材を摂りましょう。

お助け食材とは、ほうれん草・納豆・バナナなどのカリウムを含む食材です。

カリウムは、塩分と結びついて水分を身体の外に出してくれる働きがあります。

栄養素の知識を知っていると、リカバリーすることもできますね。

まとめ

下半身太りと塩分は密接な関係がありました。

しかし、ちょっとした食生活を変えることにより改善することもできます。

又、塩分を摂り過ぎても改善することもできます。

必要以上に気にしないで、普段の生活を改善して楽しい食生活を送りましょう!