あなたの下半身太り、靴が原因かも?
あなたは普段、どうやって靴を選んでいますか?サイズ?色?それとも、デザインでしょうか。

ところで、最近ではインターネットで靴を購入するという話もよく聞きます。足が大きい、または小さい場合、デパートで売っていないんですよね。

でもそうして購入した靴が原因で、下半身太りしているとしたら、どうでしょうか。イヤですよね。

今回は靴が小さい場合に起こること、大きい場合に起こることを紹介し、最後にぴったりな靴の選び方を紹介します。

まずは靴底を確認

あなたが普段よく穿いている靴を見てください。スニーカーやフラットシューズが分かりやすいですが、ブーツでもパンプスでもいいです。

靴底が一部だけ磨り減ってはいませんか?左右均等に磨り減っているのは問題ありません。

でも一部分だけ減っている場合、体重のかけ方がおかしくなっているかも知れません。

もしかすると、下半身太りの原因がそこに隠れているかも知れませんよ!

小さい靴を選ぶ危険性

私のサイズの靴は売っていないだとか、足の横幅に合わせて選んだら小さい靴になってしまう場合があります。

しかし足の裏の筋肉をほとんど使っていない場合が多く、また親指と小指もついていない場合が多いです。

そうして足の指の筋肉をほぼ使わないと浮き指という状態になってしまうことが多いです。

浮き指になると足の指で体を支えていないので、足の面だけで体を支え、お尻の一部などの筋肉のみ使います。

そうなるとそこだけ不自然に筋肉がついてしまい、美脚とはほど遠くなってしまいます。

大きい靴を選ぶ危険性

大きい靴が好きですとか、夕方には足がすごく大きくなるからという理由で、大きめの靴を選ぶ人もいます。

足の甲が高い場合もあります。小さい子ですと、すぐ足が大きくなるからと、大きい靴を選ぶ場合もありますよね。

でもそれは足に負担をかけているかも知れません。

靴が大きいと、靴の中に余分な空間が多いです。足も靴の中で滑ってしまいます。

それでは歩きにくいので、足は筋肉でバランスを取ってなんとかしようとします。そうすると、足に負担がかかります。

またかなり大きい靴を選ぶと、靴を引きずるようにして歩く人もいます。これは足の筋肉を使わなくなるのでよくないです。

ちょうどいい靴の選び方は?

まず靴を選ぶのは、午後、または夕方がベストです。足のむくみを考慮するのなら、むくんでいる時間に選ぶのが懸命です。

靴は時間がないからと通信販売で購入するのではなく、百貨店ですとか実在する店舗で選びましょう。

これにはきちんと理由があって、靴のサイズって靴によって微妙に異なるからです。すぐに交換してくれるのは、実店舗ならではです。

試着の際、めんどうくさがらずに左右とも試着をしてください。左右の足の大きさが異なる人は、意外といます。

サイズは、足の指が軽く動かせる程度の大きさを選ぶと、後々ちょうどいいですよ。

まとめ

いかがでしょうか。靴を選ぶのは大変ですが、その選択で人生が左右されます。

ピッタリの靴を選ぶと浮き指も治るといわれていますが、もし直らないようならテーピングを試してみてくださいね。