下半身トレーニングといえばスクワット
下半身を効率的に鍛える運動といえば、スクワットですよね。足もお尻も、腰まで細く出来るかも?

でもスクワットってとても疲れるし、重心移動にもきっちりついていかないといけません。正直できる気がしない。

でも下半身太りを解消するには、やっぱりスクワットは外せません。何とかならないでしょうか?

そんなアナタに、導入におススメのスクワット法をお教えします。慣れたら通常のスクワットにも挑戦してくださいね。

スクワットで大変なのはバランス取り

スクワットをしてみようと一念発起して、いざやってみるとバランスが上手に取れなくて、後ろにころんでしまいます。

そんな場合はまず、手すりや椅子、壁を支えにして、スクワットの姿勢をしてみるといいです。

または、スクワットといえば腰を落としきりますが、まずは落とせるところまでにしておいてください。

それから徐々に、時間をかけて腰を落とせるようになればいいんです。

遠回りだと思いますか?怪我をして断念するよりは、ずっと建設的ですし、いいですよ!

もちろんスクワットとしての効果は薄いですが、その後スクワットをきちんとこなせるようになるのなら、いいですよね。

スクワットの方法

ここで、基本的なスクワットの方法について、おさらいします。これであなたもスクワットマスターになれるかも?

注意点についても後述していますので、そちらも読んでから実践してくださいね。

具体的なスクワット方法

まず、足を肩幅に開いて立ちます。両腕はまっすぐ、前に伸ばします。そして腰を落とします。

しゃがみこむイメージがあるかも知れませんが、太ももと地面が水平になればそれでいいんです。

そのまま3秒キープし、ゆっくりと起き上がります。これを何度も行うと疲れますが、効果は絶大です。

スクワットの注意点

スクワットには注意したい点があります。間違えると効果がなくなったり、ひざを痛めます。

まず、ひざがつま先より前に出ないようにします。ひざに糸でもつけておいたら分かりやすいですね。

お尻はやや突き出すようにして、背筋は伸ばすように意識します。顔は正面を向きます。

先ほどもいいましたが、足は肩幅程度に開いて、起きるときはゆっくり起きます。急に立つと危険ですからね。

まとめ

いかがでしたか?美は日々の積み重ねが大切です。運動で脂肪を燃焼させ、なおかつ筋肉をつけるのも必須ですね。

筋肉なんて要らないと思っていませんか?筋肉があると基礎代謝が上がります。

つまり、何もしなくても美脚が手に入るかも知れないんですよ。ですから適度な筋肉は必要です。

正しいスクワットを行えば、どちらも手に入れられるかも知れないんですよ。魅力的ですよね。

もしもそれらがいならい方法があればそれがいいのですが、なかなか見つかりませんし、そうもいっていられませんよね。

あなたも基本的なスクワットのやり方をマスターして、美脚を手に入れてみたくはありませんか?