下半身太りでも可愛くなりたい!

可愛くなりたい。それは、女性ならばみんな思っている願望ではないでしょうか?そのためにメイクもファッションも頑張ります。

でも体型をカバーするために大きめの服を着るようになり、結局ファッションも毎回似たような感じになってしまう。

それってすごく屈辱的ですし、もったいないと思いませんか?だって可愛い服はいっぱいあるんですよ。

というわけで、下半身にコンプレックスがある人に似合う服を調べました。紹介する似合う服が、服選びの参考になれば幸いです。

似合う服選びの前提

色には、膨張色と収縮色があります。膨張色の代表はクリーム色、収縮色の代表は黒色でしょうか。

膨張色の服を着ていると太って見えて、収縮色の服を着ていると痩せて見えます。

柄ってありますね、ボーダーやストライプ、花柄などです。ボーダーやストライプに限定して話します。

ボーダー、横に向いたしましまですが、太って見えやすいです。特に太いボーダーは太って見えます。

ストライプは縦に向いたしましまですが、細く見えるんですよ。細くうっすら縦線が入っているボトムもありますし、抵抗は少ないかも知れません。

下半身を隠す方法、トップス編

下半身に自信がないのなら、トップスでできるだけ隠したいですよね。

長め丈のトップスといえば、チュニックやロングTシャツ、ロングカーディガンが鉄板ですよね。

ワンピースを着てレギンスを履くのも作戦のうちです。意外といいですよ。

下半身を隠す方法、ボトム編

下半身を小さく見せよう、なるべく露出をしないでおこうと思うと、どうしても黒いパンツを履きがちですよね。

でも人によってはパンツがパツパツに見えて、「この人脚太いんだなぁ」と思わされることも多いです。

私がそんな人にこそおススメしたいのが、ロングスカートです。

下半身をふんわりと覆ってくれますし、下から足の中で一番細い足首がのぞくことで、「もしかしてこの人、足が細いのかも?」と錯覚させられます。

デニムなども同じで、ゆったりサイズのボーイフレンドデニムなどを穿きますよね。足首が出る程度、ロールアップするんです。

足首だけがちらりと見えるのがポイントですよ。

いっそ下半身を隠さず、目線をずらしてもらう

ここまでは、隠す方法をメインにお教えしました。しかしそれではファッションが限定されますね。

そこで、こんな方法はどうでしょうか。「下半身以外に目がいくように仕向ける」。よくあるテクニックですよ。

例えばトップスにボリュームのあるデザインを持ってくる。例えばストールを巻く。ボリュームのあるネックレスやピアスをする。

まだあります。ヘアメイクの際、トップにボリュームのある髪型にしたり、派手なメイクをする。

こんな方が目の前にいたら、どうですか?上半身に注目をして、下半身になど興味がいきませんよね。

視線を上に集めるのは悪いことなどではなく、ファッション界でよく用いられるテクニックの一つです。

せっかくのテクニックです。どんどん活用して、おしゃれを楽しんでくださいね。